Pachira
パキラ

学名 パキラ(Pachira glabra)
科名 パンヤ科
属名 パキラ属
和名 パキラ
原産地 熱帯アメリカ
花言葉 快活・勝利
特徴
パキラはずんぐりとした幹と掌状に広がる葉とのバランスがよく、姿も美しく成長が早く育てやすい、病害虫がつきにくいといわれ、人気があります。若木の幹を数本編みこんで、成長させたものが出回っています。
光線と置き場所
日当たりのよい所でよく育ちますが、夏の日差しは避けて育ててください。耐陰性はありますが、日照が不足すると間延びしやすいので、窓際などのできるだけ明るい所で育てます。冬は5°C以上で、明るく暖かい室内で育てます。
水やり
夏場は、土の表面が乾いたらたっぷり水を与えてください。寒くなるにつれて控えめにし、冬場は土の表面が白く乾いてから、天気の良い午前中に与えてください。コップ3分の1〜半分、大鉢でもコップ2杯程度に抑えて、鉢底から流れ出ないぐらいの量を与えて下さい。
肥料
植物が育つ4月中旬位〜9月上旬位に、植物をお届けしてから約2ヵ月後に大きさに応じて与えるようにして下さい。冬場は絶対に与えず、春の、お住まいの場所で桜の花が咲く時期になりましたら与えて下さい。
植え替え
5月〜6月位の間が植え替えに適した時期です。鉢から抜いて、ひと回り大きめの鉢か、まわりの土を落として出来た隙間に鉢土を入れてください。
害虫、病気
カイガラムシや、乾燥によるハダニの発生。

パキラの育て方、管理方法、年間スケジュール

このページのトップへ戻る