Strelitzia augusta
ストレリチア・オーガスタ

学名 ストレリチア・オーガスタ(Strelitzia augusta)
ストレリチア・ニコライ(Strelitzia nicolai)
科名 バショウ科
属名 ストレリチア属
英名 bird of paradise tree
和名 ルリゴクラクチョウカ
原産地 南アフリカ(マダガスカル アフリカサバナ気候区)
花言葉 輝かしい未来・気取った恋
特徴
扇のように広がる大きな葉が特徴で、圧迫感がなくスタイリッシュで、インテリアとして、 重視されています。
光線と置き場所
明るい室内に置いて下さい。急に外へ出すのは一年中どの季節でもよくありません。葉焼けをしたり、寒さで葉を傷めたりします。寒さの一番厳しい12月から桜の開花する時期ぐらいまでは、植物は玄関など寒い場所よりリビングなど暖かい場所が理想的です。
水やり
土の表面が白く乾きかけたころ、暖かい時期は、鉢底から水が少し出るくらいの量を与えて下さい。寒い時期は水をたっぷり与えすぎると、葉が凍ったり根が傷んだりするので土が白く乾いたころ、暖かい日に小鉢で200ccのコップ3分の1〜半分、大鉢でもコップ2杯程度に抑えて、鉢底から流れ出ないぐらいの量を与えて下さい。
肥料
植物が育つ4月中旬位〜9月上旬位に、植物をお届けしてから約2ヵ月後に大きさに応じて与えるようにして下さい。冬場は絶対に与えず、春の、お住まいの場所で桜の花が咲く時期になりましたら与えて下さい。
植え替え
5月〜6月位の間が植え替えに適した時期です。鉢から抜いて、ひと回り大きめの鉢か、まわりの土を落として出来た隙間に鉢土を入れてください。毎年、もしくは2年に一度は植え替えをします。
害虫、病気
乾燥によるハダニの発生、カイガラムシ類の発生。

ストレリチア・オーガスタの育て方、管理方法、年間スケジュール

このページのトップへ戻る